ようこそ! 松田歯科医院会員専用サイトです。

Others


書道を通して

東北書道会

かつて東北大学歯学部生理学教室技官の鈴木興蔵さんの誘いで、よく日中友好協会の集まりに出席させてもらいました。
この写真は、中国から宮城教育大学に留学していた『方志軍』さんの奥さんがお子さんと一緒に来日した時のものです。

方志軍の家族

急に三人が松田歯科医院に挨拶に来られて、男の子に黒いウェストポーチ(ナント偶然病院にあったのです)を上げたことを思い出します。その頃中国はまだまだ発展途上国で、日本製品が憧れの的の時期で、あげたウェストポーチを本当に喜んでくれました。

方志軍は、現在北京体育大学の教授かな?


伊藤秀美先生退官慰労会

伊藤先生

一回生で、東北大学歯学部の『生き字引』と言われた伊藤先生が退官されました。
教え子に慕われ、学生と教授の間に立って、常に民主的な立場で活動していたように見えました。
研究テーマは、主に「発音」とUCLAのCaputo教授と行った「バイオメカニクス」。
アメリカの歯科学生の必読書『臨床バイオメカニクス』を翻訳しました。


慰労会は仙台プラザホテルで行われましたが、先生の要望で身内だけの集まりになりました。
それでも、丸橋賢先生や柏田聰明先生始め、大学時代に研究を伴に行ってきた後輩達が多数参加してくれました。

柏田先生

柏田聰明先生
長い間、東京医科歯科卒後研修会のキーマン。

丸橋先生

丸橋 賢先生
健康や食や社会の矛盾に関する書物を数冊出しています。


菅原準二先生退官慰労会

sugawara

東北大学歯学部矯正歯科で長く教鞭をとっていた菅原先生が退官され、開業する事になりました。
大学時代は、先生は『歯科矯正』、私は『補綴』で、畑が異なっていましたが、随分とお世話になりました。
着席した席毎の記念写真ですが、著名な先生方と同席で、場違いで緊張のあまり疲れてしまいました。
上段右から2人目が菅原淳二先生。


嶋田先生帰国

画像の説明

大学時代からの友人の嶋田先生が無事帰国しました。
一昨年、震災で診療所と自宅を全壊したことを節目と判断し、歯科医を辞めました。
昨年は、長年の夢だったスペインに半年間行ってきましたが、今年は偶然にもミャンマーの日本語学校で教鞭をとる事になりました。

画像の説明

ボランティアで参加したため、渡航費や宿代も自分持ちで半年間頑張りました。

画像の説明

ミャンマーは亜熱帯地域の国だから、暑さや湿度は想像を絶するほど高かったそうです。
アパートにはエアコンも洗濯機も冷蔵庫もなかったため、中国製品(安い!)を購入したそうです。
SONYやPanasonicなどの日本製品の品質が良いのは理解していますが、購入するには高価過ぎると言うのが、国民の意識だそうです。

画像の説明

これまでの3枚の写真は、Facebookに掲載されたものを借用しています。
ミャンマー最後の10日間は、奥地の文化遺産を見物に行ってきたそうです。
最後の写真はお土産の包装紙です。
ミャンマー語(ビルマ語)の独特さには驚きます。

ポスター & ロゴマーク

ポスター

下の画像は、来年院内に貼る予定のポスターです。
幾つかデザインを考えましたが、一番爽やかで、気に入っています。

非常に読みづらいのですが、
細かな英字は、これまで勤務し、また現在勤務している合計70数名のスタッフの名前です。
感謝を込めてデザインしました。


「33周年」


T-shirts

T-shirts logo

ここ数年来、
阿部さんがハーフマラソンに参加しています。

T シャツを作ろうかという話もあり、
色々検討しています。
その第1案。

本人は、一緒に走る相棒を募集しています。


渡辺真世さん、NHK見学

画像の説明

2014/02/28. 
真世ちゃんの通う仙台市立西多賀小学校5年3組は、NHK仙台支局のスタディオ見学をしました。
みんなで最後に掛け合う言葉は、真世ちゃんのアイデアが採用されました。


ONE DAY OF STAFF

画像の説明
少し早めに出勤し、みんなの出勤状況をスナップしました。
画像の説明
心の準備ができていないので、どんな顔をすべきか悩んでしまいました。
画像の説明
何なの!?
画像の説明
あれー! どうしたの?
画像の説明
あ〜?!
画像の説明
何で?


>> 続きを見る




仙台ハーフマラソン

画像の説明

2014.05.10(日)
仙台で、恒例の『仙台国際ハーフマラソン』が開催されました。全国でも著名な選手が参加し、応援の人だかりでした。

当院の阿部さんは、5kmの種目に毎年参加しており、今年も完走しました。

今年は当院の33周年にもあたり、Tシャツをデザインしていましたが、院長が失念してしまい間に合いませんでした。
『ごめんなさい m( _ _ )m 』

今急ピッチで準備しています。
来月は、山形で『さくらんぼマラソン』です。


T-shirts完成

画像の説明

さくらんぼマラソンに向けてTシャツのデザインを試行錯誤していましたが、結局カラー数を減らし、また透明度を0にして、シンプルな物になりました。

画像の説明

・・・と思っていた所、スタッフ間で話し合い、
元のデザインに!


6/8(日) 第13回果樹王国ひがしね さくらんぼマラソン大会

画像の説明 画像の説明

あいにくの天気、仙台80%、山形60%の予報。
大会は60%以下であれば決行ということで、朝5時過ぎに出発。

左:出発前の4人。
右:完走証明書を持って、やや疲れ気味の4人。

院長は応援に行って写真を撮影しようと目論んでいましたが、開催日を失念し、同日開催される堀田修先生の講演会(口腔内の病気とIgA腎症)に参加申込をしてしまいました。
残念。

お疲れ様でした。


>> もっと見る


Jazz Festival 2015

クリックすると拡大します。

画像の説明
Jazz Festival In Sendai も恒例になりました。
これまでは阿部さんが参加したこともありましたが、今年は増澤さんがエントリーしました。
左から2人目が彼です。

画像の説明
増沢さんは、松川さんのフィアンセというか、旦那さんです。
結婚式は12月ですが、私たちスタッフは、今年のビールパーティーですでにお会いしています。
そのときのスナップ。すごく緊張している様子です。
(Beer party の風景は Partyページでご覧ください)

画像の説明

画像の説明

画像の説明



河内先生 北海道新幹線一番列車に乗る

かつて、松田歯科医院で矯正講習会を行って頂いた、あの理路整然とした講義と時々脱線する話で大好評だった河内満彦先生が、北海道新幹線の一番列車初乗りに挑戦しました。
日本全国津々浦々、とても大切な仕事も家族も恋人も頭から締め出し、こういったイベントに熱中する人々は数限りなく存在し、特別な乗車券を手に入れるのは至難の技、ほとんど無理かもしれないと半ば諦めつつも、夢を捨てることなく、その異常な集中力で、あらゆる知恵と手段を駆使して挑むのです。
この一心不乱な、一途な、途方もない情熱!
でも一体、私たちはそれほど情熱を傾けるものを持っているでしょうか?

今回は、彼の果敢な挑戦および、細い血管なら数本切れてしまうほどの興奮と目尻垂れ下がるような悦楽の体験をご披露いたします。

(文責:松田 豊)


新青森駅


河内満彦 記

新青森駅から新函館北斗駅行きで青函トンネルに一番で突入するの北海道新幹線に無事乗車出来ました。
三回生浅野大先生の呪いで、青森発6:00であった新青森駅駅行きの普通列車が3月26日のダイヤ改正で5:45へ変更されており大いに慌てましたが。

既に乗車していたので、くす玉割りの儀式などは見られませんでしたが、新青森駅は、えらい盛り上がりでした。
可愛い感じのミスねぶたがいらしたので、盗撮せず、お願いして撮影させていただきました。
感動のうちの出発でしたが、次の停車駅である奥津軽いまべつ駅で降車した人が結構居り、立席特急券であった私でしたが、直ぐに座れました。 (´・ω・`)
多分、一番新幹線に乗ってみたかった青森県人なのでしょうが、「新幹線が青函トンネルを通ってなんぼ!」の大命題を理解出来ていないのでしょうね。

トンネルを抜けた後に車内放送で「はやて91号は青函トンネルを通過し、北海道内をただ今、走行しております。本州から最初に新幹線で青函トンネルを通過し、北海道にお越しくださいました最初のお客様となります。かつてナウマンゾウが通った道を、青函連絡船、在来線、津軽海峡線、そして北海道新幹線がいよいよ渡りきりました。」のアナウンスがありました。「これだよ、これ!」と思いました。 \(^o^)/ 

新函館北斗駅や函館駅での歓迎ぶりも相当なものでした。
特に函館駅改札内での耳をつんざくばかりの太鼓演奏は素晴らしい迫力でした。
五月蠅すぎて写真も撮らず逃げましたが。
函館駅上空は天候にも恵まれ、ブルーインパルスの記念飛行もありました。
翌日は、大沼公園でのイベントを見て、江差線から第三セクターに移行した道南いさりび鉄道にも乗ってみました。
帰り際には、新函館北斗駅では、北斗市の不気味なゆるキャラ、ずーしーほっきーにも会えて嬉しかったです。

各局のニュース番組で、元トンネルマンのお爺ちゃんが出てました。
レベルは大違いですけれども、あれこそ我々の気持ちです。
北海道では、新函館北斗駅を一番に発つはやぶさ10号のニュースが主でした。
河内氏、テレビに映ってなかったね・・・、とのメールを頂きましたが、下手にTV局の目に止まり、ショーンKの代わりにホラッチョかわうちの名前でコメンテーターをやらされ、とんでもない発言をして、大炎上するようなことになっては困ります。 \(^o^)/

因みに先生は「海峡」という映画をご存知でしょうか?
高倉健さんや吉永小百合さん、三浦友和さん、森繁久彌さんなどが出演されておられました。
青函トンネル工事の物語なのですが、あの中で先進導坑が貫通した時に健さんが見せたガッツポーズは素晴らしかったです。
三十数年前になりますが、いつの日か青函トンネルを新幹線が通って一番列車で北海道側へ抜けた時、私も健さんに敬意を表してガッツポーズをしてみよう!と心に誓っておりました。
そして一番列車で、ついにやりました!
馬鹿丸出しです。WWW

さて、一番列車ですが、ズル乗車は可能だと思いました。
流石にキセル乗車は違法ですが、一番列車の切符を持ってなくても、例えば、当日の閑散とした時間の指定席を取っておいてデッキに立っていれば絶対にバレないと思います。
改札機で引っ掛かることも無いと思います。
流石に東京から4時間立ってるわけにはいかないでしょうから、特定区間程度でないと無理ですね。
因みに私がゲットした4号車後方のデッキには発車時で四人立ってました。
いろいろ調べてみましたが、規則上は一両に対し、責任者の判断で0名から最大15名分までの立席特急券の発行が可能なようです。

函館で育ち、青函トンネルの工事に関するニュースに絶えず接し、大出水事故では心を痛め、先進導坑の開通で盛り上がり、青函トンネルウォークなるイベントに応募して高倍率に勝ち、家内(あの頃は赤の他人)と海底トンネルの海面下を歩いて本坑中央部分では、北海道側からの参加者と擦れ違いながらエールを交わしました。
これ程、思いを込めていた北海道新幹線の一番列車に乗れて私は幸せです。
とても嬉しいです。
感無量です。
逆に、何十年も待っていたイベントを終え、あまロス症候群のようになっております。

ただ、気になるのは、二番新幹線で指定券が売れ残っており開業後9日間の予約率が24%に留まっていたことです。
北海道新幹線は函館に用のある人と北海道の奥地へ行くのに飛行機が嫌な人しか使いません。
仙台市地下鉄東西線と同様、先行きが心配です。

1987年の仙台市地下鉄南北線、2007年の仙台空港アクセス鉄道、2015年の仙台市地下鉄東西線、2016年の北海道新幹線と一番列車に乗ってきましたが、今回をもちまして我が人生における初乗りツアーは終了です。
函館土民が奥地と揶揄する北海道新幹線の札幌延伸やフォッサマグナの向こう側は要らねぇ!の西日本不要論者には、九州新幹線の長崎延伸など何の興味もないです。

お忙しいと拝察申し上げますが、是非とも新幹線で函館にお越しください。
その際の旅程は短気日本ツーリスト河内がご協力させていただきます。WWW
 

河内先生の、このグリーンの部分のお申し出に、感謝申し上げます。
今井吃驚(びっくり)ツーリストの担当者も巻き込んで、短気日本ツーリストに頼んでみたらどうかな、どうしようかな〜と悩んでおります。



画像の説明
北海道新幹線一番列車切符
「立席って何だ?」
「知らない!」
「当日の普通車空席って?」
「???」

画像の説明
新青森駅

画像の説明
新青森駅出発式

画像の説明
ねぶたん
後ろの版画は、あの棟方志功の「二菩薩釈迦十大弟子」

画像の説明
新幹線トレインジャー

画像の説明
新幹線改札口

画像の説明
新幹線ホームへ

画像の説明
画像をクリックすれば、あなたも新幹線の旅へ



河内先生の「こりない旅」

2016.07.11
我らが河内先生は、おおよそ15kmの道のりをママチャリにまたがり、やってきました。
自宅にはエンジン付きのいわゆる自動車があるにもかかわらず、です。

近年、院長よりずっと貫禄の付いてきたS君やK君には少し見習ってもらいたいと思います。
話が逸れていきますが、親愛なるSさんや、やはりSちゃんなどは週2のペースで、徒歩で通勤しています。
たまにMちゃんも参加しているとか・・・

話を戻しますが、河内先生は、前回「北海道新幹線の一番列車」に挑戦しましたが、あいにくと、あの憧れのH5系には乗車できませんでした。
「もうこういう事は終わりにしよう」と決意していましたが、なんとも心残り。

それで、そのうちやってみようと思っていた「稚内への旅」を実行しました。

河内先生のお言葉

おっさんの休日倶楽部チケットを使って稚内へ3年ぶりに行ってきました。
札幌↔稚内は、片道約5時間半かかり、なかなかキツいです。
初めに仙台から東京へ行き、三田に居る娘に会ってから北上したのですが、今回ついに北海道新幹線H5系に乗りました!
それも3回乗れました。
彩香パープルの帯が美しいです。
床にある雪の結晶マークも華麗でした。

という喜び冷めやらぬ状態が続いており、この高揚感は誰かに伝えなくては息が詰まってしまう。

ということで、当医院のホームページで発散しようと思いついたわけでしょう。



H5系エンブレム
H5系エンブレム

彩香パープルの帯
H5系のラベンダー色の帯

H5系先頭車両とプラットフォーム
H5系先頭車両とプラットフォーム

H5系最後尾車両
H5系最後尾車両

仙台↔古川で頻繁に新幹線を利用している私ですが、なぜ北海道新幹線に乗ったことがないのか?疑問に思っておりましたが、調査の結果、理由が分かりました。
なんと!驚いたことにH5系は、たったの4編成しかなく、そのうちの2編成は予備と検査に当てられるため、実際に運用されているのは2編成だけだったのです。
そして計7運用だけのようです。
そのうち、「編成1」の運用と時刻表は下記のようなものです。
はやぶさ10号:新函館北斗6:35→東京11:04
・はやぶさ17号:東京11:20→新青森14:43
・はやぶさ32号:新青森17:44→東京21:04
・やまびこ223号:東京21:40→仙台23:47
そして翌日の編成2へ。
「編成2」は、
はやぶさ95号:仙台6:40→新函館北斗10:07
はやぶさ22号:新函館北斗12:44→東京17:04
はやぶさ29号:東京17:20→新函館北斗21:48
これは翌日の編成1へ。
といった塩梅です。
青函トンネルを通るH5系は一日たった4本だけです。
赤字のJR北海道としては、本州通過に際してJR東日本に通行使用料を払うのがキツいのでしょうか。
それにしても一日に2500キロ以上も走るのですから大した技術力です。


ガラスに張ってあるトンボ(1800枚)とずーしーほっきー(7枚)
ガラスに張ってあるトンボ(1800枚)と
ずーしーほっきー(7枚)

ケンシロウ
ケンシロウ

ずーしほっきーのジャギ
ずーしほっきーのジャギ

国宝 中空土偶
国宝 中空土偶

稲アート
稲アート

極太の手打ちそば
極太の手打ちそば
普通は盛り付けの綺麗な状態での写真を撮るものですが、そろそろ食べ終わる頃の写真。

三橋美智也生誕の地碑
三橋美智也生誕の地碑
今の若い人には馴染みが薄いかもしれませんが、一時期日本のトップ歌手でした。

車窓からの函館山1
車窓からの函館山1

車窓からの函館山2
車窓からの函館山2

車窓からの函館山3
車窓からの函館山3

車窓からの函館山4
車窓からの函館山4

画像の説明
車窓からの函館山5

画像の説明
車窓からの函館山6

画像の説明
車窓からの函館山7

なぜ同じような写真をこんなに撮ってしまうのだろう?
函館山は高校まで育った故郷の象徴、望郷の念がシャッターを切らせるのです。
院長だったら月山、みたいな感じ。
みんなにもあるでしょう!

画像の説明
新幹線通路床の「雪の結晶」の模様

画像の説明
新函館北斗駅2Fから眺めた新幹線

画像の説明
新函館北斗駅2Fから眺めた新幹線

画像の説明
新幹線が見えた

画像の説明
北斗駅そばの蕎麦屋さん

画像の説明
北斗駅隣に建設中のホテル

窓のシェード
窓のシェード

画像の説明
函館本線(藤城線)

画像の説明
木古内駅到着

新幹線到着のmov

八戸駅


なお最後に院長の御礼の言葉

河内先生には、いつもお世話になっており、感謝申し上げます。
また今回の旅の資料の他に、

  1. H5系新幹線の模型(キャンデー入り:オリジナルの中身は、しょぼいH5系模様の金太郎飴のような小袋などが二つだけでしたので、入れ替えて飴を詰めておきました)
  2. 新函館北斗駅のアンテナショップ「ほっとマルシェ おがーる」にあったずーしほっきー等がプリントされたクッキー

を頂戴し、重ね重ね御礼申し上げます。

さらに初耳だったのですが、「今井吃驚ツーリストと河内短気日本ツーリストの合弁会社」が設立されていた由、今回の北海道新幹線開通に当て込んで創られた会社だと思いますが、御社のますますのご発展をお祈り申し上げます。

なお、現在のホームページのソフトは数年中に機能しなくなる恐れがあり、それまでは大事に保管しておきますので、心置きなく閲覧していただきたいと思います。

感謝


河内先生の追伸

H5door

まだあるテレホンカード公衆電話

各席に付いているコンセント

今年の夏は、昨年ほど暑くなく、どうにかへばらないでやっておりました。
昨年は暑すぎて、熱中症の入り口が見えました。

最近、古川へ行く時に早起きをして6:40仙台駅始発のH5系「はやぶさ95号」を利用するようにしてます。
先頭車両から最後尾車両まで400mに渡り車両を縦断して眺めまくっております。
グランクラスとグリーン車は未知の領域ですけれども。 (´・ω・`)

最近気が付いたのですが、H5系は乗降ドアの色と客室・デッキ間にあるドア窓の高さと幅がE5系と違ってました。
H5系は乗降ドアが緑色で、E5系に比べて客室・デッキ間にあるドア窓が細長いのです!

H5系にテレホンカード対応の公衆電話がいまだあることに驚きました。
青函トンネル内では竜飛定点と吉岡定点で一瞬NTTの携帯電話が繋がりますが、それ以外は使用出来ません。
でも、新幹線の公衆電話は青函トンネル内でも使用出来るから設置されているのでしょうね。

あと、客席の一つ一つに電源コンセントがありますね。

一般の人達にとっては、本当にど~でもよいことですが、ヲタクには嬉しい発見です。 
\(^o^)/



さて、以下の写真は、新幹線の編成番号についてです。
新幹線の先頭車両と最後尾にある運転台と入り口には編成番号が振ってあります。
北海道新幹線の場合は、H1~4までです。
今回送らせて頂きましたのはH2編成です。
運転台にある表示はちょっと見にくいです。(赤丸で囲ってみました)
因みに私が乗った新青森駅から新函館北斗駅行きの一番列車はJR東日本のU28編成でした。
皆さんも、この美しい北海道新幹線にご乗車ください。
私の探検はまだまだ続きます。(河内)

北海道新幹線の編成番号:H2(運転席)

北海道新幹線の編成番号:H2(運転席入り口)




↑ ページトップへ


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional