ようこそ! 松田歯科医院会員専用サイトです。

Vacation


沖縄

沖縄

初めての慰安旅行。
沖縄の空。

沖縄には、1年先輩の下地先生が開業していて、私と小松君を朝方まで接待してくれました。その下地先生は本当に面倒見の良い先輩でしたが、大動脈瘤で亡くなってしまいました。

沖縄

万座毛でのスナップ。
スタッフの一人が朝方までホテルに帰らず、心配で殆ど眠れませんでした。
今みたいに携帯があれば良かったのですが。
街で知り合ったブティクの人と意気投合し、朝まで話し込んでいたらしいです。
旅先ではちょっと羽目がはずれやすいのかな。

画像の説明

長女は6才でしたが、生まれて初めてベンダーでジュースを買ってもらい、嬉しさのあまりどうしたらよいか分からなかった、と述懐しています。


岩手県プータロー村

小松君/プータロー村

岩手県プータロー村のバンガローにて1泊の慰安旅行。秋の行楽シーズンだったため、翌日は八幡平に行く予定が、混雑のため中止になりました。

こんなおどけたポーズをしていますが、仕事にかける意気込みは半端ではありませんでした。
虫歯と義歯の診療に、歯周病を加えたきっかけも彼が作りました。

夕食作り/プータロー村

夕食作り真っ最中。
カレーライスや変わり餃子などを作って楽しみました。
石森さん(当時残間さん)が持っているのが、その餃子?
小松君の提案したレシピでした。

プータロー村

食事中。

プータロー村
テニス/プータロー村

テニスもしました。


GUAM

空港にて

1990年10月、
連休を利用してグアムへ。
初めての海外旅行。

当時は成田発着でした。

海外は不安なので、
『大手町歯科医院』と合同の慰安旅行になりました。

グアム

市内観光で楽しんでいる様子。

大手町歯科

大手町歯科医院のスタッフの皆さん。
旅行慣れした雰囲気で、余裕があります。

グアム

右側の白い服の人がガイドさん。
恋人岬で、「娘を一ヶ月預けなさい。あっという間に英語が話せるようになるよ。」と言われ、真に受けた次女はグアムに置いていかれるのではないかと泣きそうになっていました。
一番奥で落ち込んでいます。

画像の説明

猪苗代先生と東條先生は同期。
その頃、渡辺先生は
大学の矯正科に残り勉学中でした。

ディナーショウ

ディナーショウ

何故か、東條先生が舞台にトウジョウして踊ってしまいました。

食事には、食べきれない程沢山の海老が出て驚きました。松木君は残すのはもったいないと言って、頑張ってくれました。


北海道?

北海道慰安旅行

北海道?への慰安旅行。
院長は腰痛のためキャンセル。
そのため、手元には出発時の写真しかありませんでした。

慰安旅行('99.9)

緑水亭

篝火の宿『緑水亭』にて。

画像の説明
画像の説明

何かのゲームだったのでしょう。
外れなしの景品があり、
各自何かもらいました。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
大貫先生

床の間に飾ってあった扇を持って
きどっているのか、踊っていたのか?


GUAM 2

GUAM1

院長は腰痛のため欠席。

GUAM2

渡辺先生、齋藤裕子さん、渋谷久美子さんは、家族の関係で数泊の旅行は無理で、結局お子さんたちを連れて秋保温泉1泊の慰安旅行。

GUAM3
GUAM4

あこがれのHAWAII

画像の説明

飛行機から撮影したワイキキビーチ

この旅行は、大手町歯科医院と合同の慰安旅行だった気がします。

海外旅行の際、初めての場所は割と小山先生にお世話になりました。

仙台駅

仙台駅。

ハワイ

成田発着。
出発ロビーにて記念撮影。

ハワイ

クアロア牧場
オアフ島の東海岸にあるアクティビティ・サークル。
ヘリコプターでの観光、乗馬や射撃、テニスなど。
ジェラシック・パークのロケ地になったそうです。

ハワイ

市内観光。
高台にある記念公園(Punchbowl ?)。
第二次世界大戦の戦没者の墓地です。
事情は分かりませんが一時期閉鎖されました。

ハワイ

ワイキキビーチ
スニーカー・オン・ザ・ビーチ

ハワイ
ダイヤモンドヘッド

ワイキキビーチ。
院長と猪苗代先生のヘッドの間にダイヤモンドヘッド。

ハワイ

黒メガネのやばい三人組に、
私もまーぜーて! 
真面目そうな雪枝ちゃんと稲辺さん。

画像の説明

Nuuanu Pali 
展望の良い高台。
島内観光では必ず訪れる場所。


HAWAII 2

waikiki

ゴミが殆ど落ちていません。朝早く観光課職員?が清掃していました。
もちろん、ビーチでの飲酒も禁止。

有名な木

日立のコマーシャルで有名な「この木なんの木、気になる木」
市内観光の時、バスの運転手さんに無理やり頼んでつれて行ってもらいました。

「見たこともない木ですから、見たことのない花が咲くでしょう」

ハワイ

サンセット・クルーズ
船上からワイキキを臨む。
これから夕日が水平線に沈みます。

sunset

袴田君は、サンセットクルーズのさなか、外国人の衆目も気にせずストリートダンスを披露し喝采を浴びました。

画像の説明

上の画像をいじってみました。

袴田君ダンス

突然踊り出したため、皆驚きましたが、あまりに上手なので、手拍子でますますその気にさせてしまいました。

快速ボート

もの凄いスピードで走る
「快速ボート」

ハワイ

市内観光。
もっとも眺めが良い場所らしく、ワイキキビーチやカントリークラブが一望されます。

夕食

イタリアンレストランで夕食。
店の名前は忘れましたが、チーフが日本人で、丁寧な接待を受けました。

飯淵先生と

こんな写真も見つかりました。

何時の旅行かは不明ですが、この旅行は、星野先生がいた時です。
なぜなら、泰恵さんが飯淵歯科医院に勤務していて、何となくお互いにハワイで偶然合流するように企画したからです。

クルーズ船の前で


SYNGAPOLE

画像の説明


シンガポール

飯淵歯科医院との合同慰安旅行(偶然!?)

亜熱帯であるばかりでなく、地域独特の地勢のせいか、湿度が高く、皮膚の弱い人には優しい空気だそうです。

シンガポールでは、常に現地の専属ガイドさんとカメラマンが随行し、殆どが観光でした。

とりわけ動物園は必見です。

シンガポール

旅の情緒で、カメラマンと恋に落ちたスタッフもいて、なかなかの慰安旅行でした。

帰国してから、ガイドさんに相談したところ、「よくある話で、はしかみたいなもんだから。気にしないで。」と言われました。

渡辺先生・美由紀ちゃん
デッサン

上の写真のデッサン

beer hall

その当時は呑めたんです。

デカジョッキが有名な、今で言うCAFFEBAR

一人で持ちきれない程のジョッキで
昼から飲んでしまいました。

三人娘

三人娘、同期です。
この時代辺りから、写真撮影のとき PEACE signが出没します。

蛇使い

これをやったのは安田君だけ!

club

超有名なクラブへ。

飯淵先生がバンドに加わったり、
皆踊ったりと・・・

高級なので、飲み物を制限したのに、
全員忘れてしまうほど楽しかった。

支払いの段階で、院長四苦八苦。

飯淵先生

飯淵先生とのツーショット


HAWAII 3

水族館

オアフ島での観光スポットで、大人も子供も楽しめるのが水族館。
私たちもハワイに行く毎に、水族館に訪れます。

水族館
齋藤夫妻

・・・・・・・・・
やっぱりハワイは暑い!
でも湿度が低く、木陰は涼しい風が吹きます。
たまにスコール!

島内観光

レンタカーを借りて島内観光。
ワイキキを出て、10分後にはある車が迷子になってしまいました。
携帯を借りていたので、連絡し合い、やっと合流。

佐藤さん

ハワイでは、
裏の佐藤さんに大変お世話になりました。

マンションのバーベキュー、昼食のお握り等、本当に楽しかったです。

佐藤さんご夫妻

ワイキキビーチからちょっと離れた場所にあるディスカバリーヴィレッジのバーベキュー専用フロア。
6基ほどのバーベキュー用設備があり、私たちが貸し切って使いました。

牛肉、チキンや野菜など、すべて佐藤さんご夫妻が準備し、私たちは焼いて、飲んで食べるだけ。

バーベキュー
米軍専用ホテル

佐藤さんのお友達のメリーさんが、
米軍専用ホテルのディナーショウに誘ってくれました。

この写真は、夕食用の豚の料理を見ている様子。
豚一匹丸ごと葉で包み、蒸し焼きにしています。

米軍ホテル

周りの人は殆ど外国人(米軍関係者)で、日本人は二組だけだったように記憶しています。

ショウの司会も英語、
時折、日本人のために片言日本語を話していました。

デザートのケーキの甘さは尋常ではなかったです。


会津若松へ

鶴ヶ城

2012秋

震災後スタッフの頑張りとチームワークは筆舌に尽くしがたいほどでした。
当然ですが、震災の年は何もしてあげられず、次の年の夏頃、秋田や山形、岩手への慰安旅行に誘ってみたところ、予想に反して福島が良いということで、急遽会津若松の東山温泉に決まりました。
福島県の風評被害に喘いでいる人達のことを考えたのでしょう。

turugajou

「八重の桜」の舞台の鶴ヶ城ですが、この時はまだほとんど話題にもなっていませんでした。
翌日、皆で記念写真。

この後、喜多方までラーメン食べに。

うわさ話によると、
仙台の中学校の慰安旅行先が、
昨年から会津若松に復活したらしいのですが、
太平洋側は通らず、遠回りをして新潟県から福島県に入る行程だそうです。

諸橋美術館

院長は別行動で裏磐梯の諸橋美術館のダリの作品を鑑賞。

写真撮影可能な唯一の被写体。
他の作品は❌

これらは夫々独立した作品で、
手前の唇は本当のソファで座れます。奥の鼻は暖炉のオブジェ。そして壁には2枚の風景画が飾ってあり、眼鏡をかけた眼に見えます。
ある位置から見ると、風変わりな顔に見えるのです。

夕食

中居さんではありません。
シブちんです。
いえいえ、ダリの作品ではありません!

記念写真

みんな素面の顔で写真を撮っていますが、多分もう充分飲んだ後?
肉の量が多くて、食べ切るのに結構難儀をしました。

?

どごさ行ってきたんだべな。えっぱえ たがって。
患者さんから「せんべつ」をもらったので、お返しの品も入っています。


GUAM 3 '13.9.12

パンフレット

今年の目標は、「勉強とスキルアップ」です。

1月から始まったインフェクション・コントロールを皮切りに、インプラント講習会、ポーセレン新システム、院内感染防止講習会、歯内療法、臨床歯周病学会への参加、ホワイトニング講習会・・・目白押しのスケジュールです。

勉強会は、強制的なものではなく、楽しんで学ぶ雰囲気が漂っていました。

しかし、いくら楽しくても、勉強は勉強です。

息抜きも必要だし、
『よく学び、よく遊べ』の諺通り、
スタッフからの要望で、久し振りの海外慰安旅行を企画しました。

ミラコスタ

様々な事情で、全員参加は出来ませんでした。

日程は違いますが、
齋藤さん親子と太宰先生はデイズニーランド。
折しも16日から台風18号が日本上陸。
齋藤親子は13、14日だったため危機一髪で回避。
太宰先生は12、13日。

沖縄

渡辺先生家族は、
計画が二転三転し、お盆休み中に沖縄に。





   >> 慰安旅行の詳細


函館合同慰安旅行 '14. 7. 4

画像の説明

今井先生が勤務している時点から、いつか函館に行こうという暗黙の打合わせがありました。
しかし、今井先生の開業や、半年間の歯周病勉強会など等で気ぜわしく、具体的な計画は中々打ち出されてきませんでした。

半年ほど前に、「イカのおいしい時期に」という事で、今回の日程になりました。


画像の説明

今井デンタル、デンタルアジャスト、松田歯科の合同の、総勢21名の旅行です。
7/4〜7/6、2泊3日です。

予約や手配はほとんど全て今井先生が行いました。当院の幹事は高橋さんと高谷さんでした。
お疲れさまでした。

佐々木さんは安定期になっていましたが、第一子ということもあり、安全を期して別行動になり、ご主人と福島の温泉だそうです。


画像の説明

7.4(金) 8:06 仙台発 はやぶさ
   10:17 新青森発 白鳥
   12:22 函館着

約4時間の列車の旅で無事函館に到着しました。

>> 函館をもっと見る

>> 佐々木薫夫妻の旅


>> Nikon camera撮影訓練も見る




あつみ温泉へ

写真は少しづつ掲載していきますので、あしからず。

画像の説明

画像の説明

6月9日(木)の午前中は、岩切小学校の歯科検診がありました。
12時過ぎには終わるだろうとの予測で、久しぶりに温泉に行く計画を立てました。
宿は憧れの萬国屋(院長いわく、一度は連れて行きたい宿)。

予想に反して、検診が終わり、医院に帰ってきたのは1時ちょっと前でした。
それから、院長と熊沢君の車に分乗し、まずは上の山に直行。



画像の説明

上の山のCOSTCOに寄って、二次会用の飲み物やつまみの買い出し、それと昼食が目的でした。
ワインやシャンパン、つまみ等など。
日本酒は、今回不参加の福島先生の差し入れがあったため、買いませんでした。

ところで、福島先生と渋谷さんは、それぞれの事情で不参加でした。
行けないとなると却って、うんと楽しそうに感じるものです。
釣りそこなった魚はデカイ。

3時半頃までうろうろし、あとはあつみ温泉までまっしぐら。
あつみ温泉インターチェンジを出たところにあるコンビニは、鈴木さんのおばさんのお店ということ。
ビールをゲットしましたが、何かお菓子みたいな物をもらったようでした。
おばさんといとこさんが挨拶をしてくれました。

画像の説明

5時半には宿に到着。
夕食は6時半ということで、それまで各自自由行動。
当然と言えば当然、お風呂です。
お風呂は3つあって、時間帯で男・女風呂が入れ替わるようでした。
下の写真は、1階にある露天風呂。

画像の説明

宴会は個室で、畳の部屋に椅子のある卓。
年寄りが1名いるため、楽なようにと、幹事の配慮かな。



画像の説明

夕食は突き出しから始まって、なんか色んなものがたくさん出ました。
カニも出たため、カニの身をほじくる間は無言。
メインは、各自セレクトする料理で、牛ステーキ、しゃぶしゃぶ、それにアワビのステーキから一つ選択するものでした。
大方は牛ステーキ。アワビ1名、しゃぶしゃぶ1名。

画像の説明 画像の説明





宴会終了後は、太宰先生と熊沢君の部屋で、二次会を開催。
福島先生の差し入れの日本酒、上の山で手に入れた酒、鈴木さんのおばさんのところで手に入れたビールの他に、斎藤さんが独自に持ってきた酒をありましたが、完売でした。

初めて参加の石黒先生。
日本酒がいけるようで、しかし顔には全く出ないタイプということ分かり、収穫でした。
ビール1杯で真っ赤になる太宰先生も、「日本酒、結構いけるかも」
院長は、仲間が増えてうれしそう。

画像の説明

斎藤さんは、福島会津若松への慰安旅行で、爆睡した苦い経験から教訓を得て、今回は最後まで楽しく参加したようです。
院長は10時頃までおりましたが、いつもはとっくに寝ている時間。
結局、真夜中1過ぎでお開きになったということです。




一夜明けて、朝食は7時からということだったのですが、それより早めに会場に入った人はそのまま朝食にありつけましたが、7時過ぎに会場に入った人は、列を作って順番待ちという大盛況。
バイキング形式でしたが、何となくいつもより多めによそってしまいます。

土産物売店で、あれかこれか、あれもこれも・・・
しかし、ちゃんと懐具合を勘案して買い物をしていました。

9時過ぎに、次の目的地「加茂水族館」に出発。
昨日は雨だったのですが、今日は雲一つない快晴!
平日なだけに道も空いていましたし、水族館もこんな按配かなと考えました。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

ところがドッコイ、豈図らんや、遠足らしい小学生、ご老人、県外からの若者・・・
イルカショーを見て、クラゲを見て、売店でたむろして・・・

画像の説明

画像の説明

画像の説明

肝心の「イルカショウ」に見とれて、写真ゼロ!

画像の説明



2時間ばかり遊び、帰路に。
水族館の海岸から、海の向こうに、少し残雪を貼り付けた、きれいな山がくっきりと見えました。
庄内の名山、鳥海山かな。

画像の説明

画像の説明

昨日の雨のせいか空気も澄んでいて、月山街道はキラキラした緑に囲まれていました。

東根の「よってけポポラ」に寄って、東根の野菜や果物などを土産に買い、昼食に隣の蕎麦屋さんで「ゲソ板そば」を食べ、関山街道を帰ってきました。
板そばの食べ放題もありましたが、誰も注文せず。

周囲は、見渡す限りのサクランボ畑。
サクランボは、熊沢君の実家や、おじさんの作ったものが最高だと思いますが、店内に並べられたサクランボの見事さに、思わず買ってしまいました。
「明日、食べな」

西道路を出た途端、仙台の大都会。人も車もウジャウジャ。
医院に到着したのが、午後4時過ぎ。

皆さんお疲れ様でした。
とりわけ、やばい運転の院長の車の同乗者には、同情の念を禁じえません。

院長が帰宅する際、太宰先生から嬉しい一言。
「院長、明日は休んでください!!!!!」




  • あつみ温泉写真集
    • 画像の説明

      画像の説明

      画像の説明 画像の説明

      宴会時間になりました。

      画像の説明

      「私だけ早すぎたかしら」
      画像の説明

      これが、大好評の山形牛ステーキ!
      画像の説明

      石黒先生の締めの言葉で一次会もお開き。
      画像の説明



      一夜明けて、帰宅の途に。

      画像の説明

      寂しそうに見えますが、実は、昨夜あまり寝ていないだけです。
      画像の説明

      画像の説明

      画像の説明

      「初めまして、よろしくお願いいたします」
      画像の説明

      画像の説明画像の説明

      画像の説明

      画像の説明

      画像の説明

      画像の説明

      加茂水族館のメインテーマ「ふぐ」じゃなかった、「くらげ」です〜。
      画像の説明

      画像の説明

      画像の説明

      画像の説明

      画像の説明

      画像の説明

      画像の説明

      クラゲの珍種「アンゲー」です
      画像の説明

      画像の説明


      ここが写真スポット
      ここで結婚式挙げちゃう人もいるとか。
      画像の説明

      でも、撮影が難しいんだよ。
      バックのふぐを綺麗に入れて、しかも前面の人物もはっきり撮るのは。
      画像の説明

      画像の説明

      画像の説明


      このコーナーは、本来食堂というか、一休みの場所なんだけれど、何だろうかみたいな不思議な空間。
      ゴマアザラシや、他のイルカもいるみたいだけれど、活気がない。
      土曜日や日曜日、連休はここも賑わうのかもしれない。
      画像の説明

      画像の説明

      画像の説明

      海の色は空の色を映します。
      本当に綺麗な日本海でした。
      画像の説明

      水族館に着いた時は、「あの灯台、登りたい!」と思ったけれど、「もういいかな〜」
      画像の説明

      画像の説明

      もっと写真が集まると思いますが、しばらくお待ちください。




↑ ページトップへ


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional